下らないなら抱く。

よろしくしろよ。

週刊ネタツイート 第2回は、キリトかなーやっぱw

 どうも、きっかんです。第1回「以外全部」はこちら
 連載が続いたことは奇跡と言って良いでしょう。
 情報と娯楽に飽和した現代社会、こないだ好きなゲームに絡まれた時も気が付いたら意識無くて予定に穴だらけで計画倒れになってたしなwww (数えきれない敗北)

「キリトかなーやっぱw」基本ステータス

  • タイプ:コピペ型、
  • ジャンル:予定調和、ミスマッチさ
  • ハードとソフト:ほとんどハード
  • 流行時期:2017年夏ごろ~
  • 流行領域:広域
  • 元ネタ
    ①:「イキリオタク」の流れ(「イキリオタク」についてはそのうちやります)
    ②:2017年6月に登場したハッシュタグ『 #あなたっぽいア二メキャラ 』で散見されたツイート、最初の発言者は不明。2018年に入ってからは、
    『キリトかなーやっぱりww
    自分は思わないんだけど周りにキリトに似てるってよく言われるwww
    こないだDQNに絡まれた時も気が付いたら意識無くて周りに人が血だらけで倒れてたしなwww
    ちなみに彼女もアスナに似てる(聞いてないw)』がよく用いられる。
  • 作例: 

 

 

 基本的にはあまり融通の利かない素材で、「キリト」や「アスナ」の部分を弄る単純なパターンとそれ以外に大別されます。計画性の無さの余り先週の「以外全部」で一個使ってしまったので、急きょ作例を増やすことになりました。練習になりますね。

 元ネタは誰のツイートか定かではありませんが、2017年の6月にはすでに「イキリオタク」に相当する概念やその共通理解が少なからず出来上がっていました。
 したがって、元のツイート自体が「こういうこという中学生いそうだよね」的なネタツイートである可能性が高いと考えています。テンプレとして改変される以前に、一言一句たがわぬ内容のツイートが多く拡散されたことからも、元ツイートのコンテンツ性の高さをうかがい知ることができます。

考察

 ただ固有名詞の部分を入れ替えるだけでも改変にはなりますが、もうひとひねりしたいところ。しかし、文の勢いが強い素材ほどカチッと嵌まる改変を思いつくのは難しいものです。前半部分はほぼ同一の内容の反復なので、後半でどれだけ畳み掛けられるかが重要です。作例では(後者で特に)、オチの部分に頼っています。

 ひとつめの作例では「指ぶっ壊れそうw」に相当する改変で締めるため本文を省略しています。本来一つのツイートで笑いどころは一個あれば十分で(このトピックは自分で毎日寝る前に唱えた方がいいと思う)、文の内容がシンプルな素材を活かすためにはトリミングしてでもわかりやすく、冗長性を削っていくべきでしょう。
 ふたつめの作例はミスマッチをギャグの方向性としながら、四段オチとも解釈できそうです。もともと素材も最後の一文だけ蛇足の感があり(それが「イキリオタク」っぽいので良いのだと思います)、オチへと再構築するのはそこまで難しくありません。

--------

 この素材は自分以外にいくらでも伸びているネタを書いている人がいるので強いことを言いづらいですね……